架空的日記(01.7.20〜)

2001年09月07日

 ……て言うかさ、あれってテイのいい「たらい回し(追い出し)」だったんじゃないかねえ……。二度目以降の記述に、ちょっとそんな印象。
 あちらの管理人or来訪者も、もしかしたら親切心で教えたのかも知れないけど。でもね。ちょっといい迷惑です。頼りにしてもらえるのは嬉しいけど、ここで何でも解決できると思ったら大間違いだぜ〜。
 でも相手先のこと配慮したら、あんな安直なアドバイスはしないか。うーん、ちょっとね、ああいう目に遭うと、やっぱりネットのあっちがわは「人」として扱われてないのかな、と強く思ってしまいます。理屈では「相手も人間です」ってわかっているけど、感覚ではどっか「便利屋」扱いなのかもなあ。「あそこに任せれば大丈夫でしょ」という感覚、信頼の反面、相手の都合無視・思いやりの欠如を感じる。
 内輪でね、「あそこおもしろい」「あそこは使える」教え合うのは、当然アリだと思うけど。今回のようなケースの場合、「回された」側からすればやっぱ、「……!」と思いますよ……。
 教えた方も、まさかこんな結果になると思ってなかったんだろうけど。年寄りだからアタマ固いよ私は。

 ちょっと前までは(今もか?)掲示板の注意書きと言えば「常識の範囲で〜」というものだったけど、今やその常識じたいが、危ういことになってるからのう。ネット巡ってても、私最近、若い(あくまで感覚として)サイトの掲示板なんかは、怖くて見てられないものが……。「コレ、管理人さん腹たたないの!?」と仰天するような記述がそこかしこに。
 ま、余計なお世話ですけどね。そこだけで楽しんでいる分にはさ。

 愚痴でごめんなさい。というか、コレ時期を外したら、何のことやらさっぱりになりますね。ま、何かあったんだな、とお笑い下さい。
 今回の日記については、感想とか掲示板(「よもやま」でも)に書かないで下さいね。何かあったらメールでよろしくです。

2001年08月29日

 テレビ朝日系列の「クイズ・タイムショック」を見るたび、毎週毎週、ずううっっと思い続けてるんですが。
 エンディングコーナーの「時の番人」ってさあ…………ロリコン?
 ……すみません……でもさでもさあ!なんかさあ!わかんない人はいっぺん見てくれのこと。

 あ、そーいや前回の日記で「FF8」についてちょっと批判的に触れましたが、私、リノアのこと嫌いじゃないんですよ。確かに「好きにな〜る」には、「コレを私にどーしろと!?」と、コントローラ握りしめてしばし呆然とはしましたが。軟派なレジスタンスぶりとかさっぴいても、全体としては結構いい娘だなあと。ふて腐れて寮で寝てるスコールを、元気づけに誘い出す辺りとか好きでした。
 というか、よく「FF8」への批判として、「スコールがいつの間に、リノアを好きになったのかわからない」という意見を聞きますが、私としてはどっちかっつーと、「リノアが何故、オレ(=スコール。ちょっと視点同化)を好きになったのかわかんない」のですよ。だってさあ、SeeDとかってご大層に奉られても、実はついこないだ学校卒業したばっかの、右も左もジャンクションシステムもよくわかってない、ついでに過去の記憶も曖昧で、何度聞いても地名関係は覚えきれない、気を抜くと得体の知れないデジャブに襲われがちな、無愛想で偉そうにしてる割にはSeeDランクはたったの5!という、ただひたすら顔だけが取柄みたいな男なのに!!←半分はスコール本人ではなく、プレイヤーのポカです。
 ……更に誤解されそうですが、スコールも嫌いじゃないですよ(なんか不憫な人だよね……。そもそも孤児だし(これはみんなか)、級友には訳わかんない内に、結構本気で命狙われることになるしさ……)。ただ彼に、プレイヤーとして自己投影してると、かなり気が滅入りがちになるので。結構、リノアの明るさには救われてたんですよね〜。
 なんで、真っ当に描いてくれれば良かったのに、と残念なんです。「オハロー」とかさ、無理にキャラ付けしようとしているのがありありで、逆に損してる感じなんだよね。フツーでいいんだってば。妙な特徴づけしなくっても、台詞を丁寧に洗ってけば人物像は浮かぶんだから。
 という訳で、やっぱりユウナは良いです。直球勝負で来てくれたので、こちらも真っ直ぐ受け止めたいと思っています。

 現時点1コだけ、激しくブーイングなのが、アルベド・ホームでの宝箱配置。「究極召喚」についての最大のネタばらしイベント、あのティーダの渾身の叫びのあとで、エリアに宝箱見つけても嬉しくないです。というか、探して開けて「あ、10000ギル!」と思ってしまった自分に、何だか自己嫌悪。ここまでドラマチックにしてるんだから、プレイヤーの感情線まで配慮して、アイテム配置して下さると嬉しいなと思いました。

2001年08月14日

 約1か月遅れではありますが、『FF10』を始めてみました!
 購入前から「世界で一番ピュアなキス」にげんなりさせられ(て言うか「ピュア」って……)、ネットでもすごーい感想をたくさん目にしてしまったので、ちょっと危惧するところも大きかったのですが、始めてみたら、あら、結構これはこれで楽しい感じです。まだやっとイフリート入手したぐらいなんで、全然最初なんですが。
 言われてるほど、声に抵抗感じないし。きゃぴきゃぴした声がなくて、全体にさらっとした演技運びで良し。自由度の低さにしても、元々強制イベント嫌いではないのでね……というか、もっとすっっごくイベント「だけ」なのかと思ったら、しょっぱな10分でちゃんとボス戦になったし、それなりきちんとゲームしてるじゃないかと(←失礼)。
 ただ手触りとしては、RPGというよりは、ADVぽいかなー、とは思う。どことなく、雰囲気が。イベント→ダンジョン→イベント……っていう構成とかもね、章クリア型のADVのような感じですね。
 とりあえず、ちゃんと前作(この場合は主に『FF8かな……』)の反省を活かして作ってる感じはしていて、そこに一番の好感を持ってます。いや、自由度は「FF8」より下がってるけど、ヒロインのキャラづけとかね、「とりあえず突飛な言動でキャラの特徴をつける」というような無茶はなくて、真っ当に、人物像を描こうとしてる姿勢は評価できる。うりゃ、なんかヒヒョーサイトみたいな語調になっちゃった。
 アクティブタイムバトルやめたのも、良かったんじゃないかと。「FF9」が結構、あれ限界っぽかったからね……(いろんなエフェクトやモーションを見せようとしたら、「常にリアルタイム」は向いてないと思った。特に終盤、こっちの素早さが上がると、前の人の攻撃コマンドが実行されてない内に、最初に行動終えたキャラのターン回って来ちゃうんだもん。この状況が重なり、更に長ーい敵キャラ攻撃エフェクトが挟まると、誰がコマンド実行待ちで、誰が行動順待ちなのか、訳わかんない状態に……)。要は「ペルソナ2」みたいな、ターン円環式速さ順行動。テンポいいし、何より「キャラ入れ替え」が楽しすぎる!
 まあゲームは、クリアしてみるまではわからないものですが、とりあえずユウナの「異界送り」はホントに美しかったです。これ見たくて買ったようなもの。
 最後に現在の、キャラクターひとこと印象。一部、暴言。

●ティーダ:あんななりだが、実はモノローグ野郎。というかあの語り口は、一歩間違えると「北の○から」では……(「そのとき僕は、ユウナに何も言うことができなかった訳であって……」とか。ああ違和感がない)
●ユウナ:CMで「はかなげ」印象だったが、存外しっかりしている。ちょっとエアリス型ヒロインのような匂いが。しかしどーしても目が行ってしまう、あの横チチ……。野○さんあんた……。
●ルールー:わお好み。しかし割を食いそうなポジションだという匂いが、今から濃厚に……。だが何故に「だっちゅーの」?ていうか○村、そんなに乳好きか……(好きなんだろうねえ……)。
●ワッカ:どう見ても貧乏くじポジション……不憫なり(←決め付けるな)。主人公とのビミョーな狙いっぷりが気にかかる……いいけど……。声がときどき聞き取りにくいんですけど、私だけ?
●キマリ:頼むから、レッドXIIIの時みたいな「キャラ豹変」だけはせんといてくれよ……。まあFFの法則で、「巨漢に悪党なし」なんで、実は一番純粋でいいやつだと見た。

今一番欲しいもの……アビリティスフィア。いつの間にか使い切ってしまったー

2001年08月04日

「憎しみは、マイクロソフトの限界を忘れないよう、PCがくれたおくりもの……」

 ……って、既に「FF10」クリアした人も多かろうって時期に、古いネタ(4年前……)でごめんなさい。ちょっと柴田亜美も入ってるし
 てゆーかホントにもうタイヘンな目に遭わされましたよwinMe。実は、先週末に再度のリカバリを敢行しておったのです。前回のは、NECがプリインストールでつけてくれてる「データバックアップ」ソフトを利用した、「データ復帰がちょっとラクなリカバリ」だったのですが、それじゃあ結局ダメでしたよ。直って欲しい肝心のトコが、どうもそのままだったみたいで。
 今回はもう完璧に、完全にハードディスクをフォーマットしちゃってのリカバリです。おかげでいちおう、環境の炸裂状態はどーにかなりました。ネットみててもフリーズしないことが、こんなに嬉しかったとは!!←低レベル。
 タイムリーにも、最新刊の『windows start』誌が「フリーズ&エラー対策」特集だったので、久々にパソコン誌を購入してみたりもしました。しかしアドバイスとして、「ブラウザ使用中にトラブルが発生する場合は、マイクロソフトからIE5.5のサービスパック1をダウンロードしよう!」と書いてありましたが、とりあえずwinMeの人はやめとけ!!と、私は声を大にして言いたいです。なんかねー、あまりにもしょっちゅう(前回書いたような状況下で)「強制終了」かかってたんで、IE5.5-SP1にアップデートしてみたら、かえって壊滅的になったのよ……。それまで強制終了だけで済んでたところが、完全なるフリーズ(キーボードからのシャットダウンも入らず、電源ブチ切るしかない)になっちまったという。悪化。しかも「アプリ両立」どころか、ブラウザ単独でネット見てる「だけ」でフリーズするんだもんなあ……。ほんと、参りました。

 掲示板等で、アドバイス下さった皆様、ありがとうございます〜!とりあえずPCがくれた憎しみを忘れずに、XP発売まで耐えて行こうと思います。ってXPがヤバOSだったらどうしよう。
 そしてどうでもいーけど、さっきから「リカバリ」を変換すると「リカ罵詈」とか出てくるんですが。何か気分にぴったり〜!というかそんな変換するなら安定しろい私の環境!!

2001年07月19日

 ぼやぼやしている間に、前回更新から1ヶ月も経ってしまいました。世間はもう『FFX』一色になっている頃でしょうか。私はまたしてものパソコンの不調に、リカバリ一色になっているところです(意味不明)。
 いやもう、今年の4月に買ったばかりなのに、もはやフリーズの嵐とは何たることか!98以降のウインドウズは、安定性が増したんじゃなかったのか!けっこー、つらかったです。OSがwinMeなのに、使ってるソフト類が95時代のばっかりなのが、やはりいけないのだろうか……。
 そもそも購入直後から、いまいちおかしいところが多いんですが。アプリ2つ立ち上げると、かたっぽ強制終了……とか。リソースメーターは終始グリーンだし、だいたいメモリ192MBもあるのに!(奮発して積んだのに!)使ってるソフトも、TMIDIとブラウザとか、ホームページ作成ソフトとブラウザ(怒)とか、ftp転送ソフトとブラウザ(怒怒)とか、ブラウザとメーラー(怒怒怒)とか、「何でそれで止まる!」というような組み合わせばっかだったりする。
 デフラグ効果なし、スキャンディスク異常なし、思い余って「windows update」でブラウザのバージョンを更新したら、却ってひどくなったという。ネットにつないで3分でフリーズするので、ムカついて発作的にリカバリです。おかげで今のところはそれなりに順調です。リカバリの直後、母がお気に入りの「花札」ゲームソフトで遊んでいたら、いきなりフリーズしたのを除けば。←これ、リカバリ前の不調時にも、止まったことないソフトだったのに……。
 なんか……とりあえず自分は、あんまNECと相性よくないのかなー、とは思った。使用スタイルとハードが合ってないのかも。……って、たいして高度な使い方してる訳じゃないんだけどねえ。ううーん。


「架空的日記」へ / 「ラジカル・ドリーマーズの小部屋」トップへ