架空的日記(01.9.18〜)

2001年12月25日

 忙しい年の瀬、師走のこの時期、皆様いかがお過ごしですか。
 私はパソコンのリカバリ作業を敢行し、たいへんに充実した日々を送っております。
 ……って、今年3度目のリカバリじゃあこんちくしょーう!!

 ここんとこ、けっこう快適に使えていたんですがね……なんかトートツにシステム異変が発生。ある日突然「例外エラー」の青画面が出現して以来、毎日のようにフリーズ、青画面の登場。それも「特定のアプリ使用時に……」とかいう、何となくエラー原因が推測できるような不具合じゃないのが、厄介なんだよなあ。パソコン使用中にまんべんなく発生するシステムエラー。つまりはウインドウズそのものが壊れたってことなんでしょうが……(しかも強制終了ダイアログとかすっ飛ばして、いきなり青画面ばかり)
 しかしなあ。スキャンデスクもデフラグもディスククリーンアップも、かなりマメにやってたのだが。やっぱレジストリを覚えなきゃあかんのか……。いろいろとウインドウズ関連サイトや、本なんかも立ち読み(ごめん)しましたけど、「リカバリや再インストールは、ウインドウズユーザの宿命」とまで書かれた文章を発見して、悟りを開きました。ハイハイ、やりますよリカバリ!わかったよ!!と深夜4時間であっさりカタをつけましたのこと。
 でもまあ、パソコンにCD−Rが標準装備されてるんで、昔よりはデータ復帰もだいぶラクになりましたね。しかしいったんCDに焼きこむと、ファイルの形式が全部「読み取り専用」になってしまうのは、回避できないもんなんでしょうか。サイト用のhtmlファイルとか、全部形式変更しなきゃならんので、かなりめんどくさいぞ……。

2001年12月16日

 先日、家族との会話にて。

私 「あのさ、カオナシっているじゃない。『千と千尋の神がかり』に出てくる……」
家族 「……『神隠し』でしょ」

 すみません、素で間違えました。

2001年11月24日

 時折、思い出したように「BAROQUE」をプレイしては、神経塔をちみちみ降りて異形に殺されている、今日この頃なんですが。
 こないだ、裏置きの「食料文様」をついうっかりと踏んでしまったところ、手持ちの「腐った心臓の種」が、「三属の剣」に変化しました。
 震える手で感覚球(なんと近くにあった!)に転送。動転しすぎて直後、ライアとデスになぶり殺されたが、お宝は無事、物の者が保管中……あああ、こんなことってあるんだね!!
 て言うか、ラッキーすぎていっそ恐ろしいよ!もはやこのデータでは、二度とラッキーなことなど起こるまいよ!!降りても降りても「集束刑具」と「腐った愚流の肉」しか落ちてないよーな、極痛プレイになるに決まってるよ!!だってまだ現実神経塔の第1段階なんだよ!?あり得ない……。

↑素直に幸運を信じられなくなってしまった、かわいそうな大人です。そっとしておきましょう。

2001年11月06日

 「ピクミン」のCMソングが好きだ〜!という人は多かろうと思いますが、ご多分に漏れず、2番までカンペキに歌えるようになっている今日この頃の私です。あああ、ああいうたどたどしい生物は大好きだ〜ッ!!
 つーか、「ピクミン」を見る(プレイする、ではない)ためだけに、ゲームキューブを買うべきか、ヒジョーに迷っている最中。でもなあ、任天堂はどうしたって、アクションゲームが中心だからねえ……。実際、N64も持ってはいるけど、「ポケモンスタジアム」以外何もソフト持ってない。ゼルダでさえ「夢を見る島」だけで、喉元までおなかいっぱいになってしまった人間なもので。
 て言うか、N64だって、「ポケモン」に加えて「MOTHER3」がいずれ出る!っつーから、思い切って買ったんだよ。したら「ポケスタ」専用ハードに成り下がる結果に。しかも対戦相手がいないもので飽きちゃって、現在はハードごと箱の中に……。宝の持ち腐れもいいとこ。ごめんなさい任天堂……。
 ゲームキューブもそうなっちゃいそうで、やはり購入には慎重になっちゃいます。せっかく買ったのに、埃かぶらせとくのは可哀想だからねえ……。ああ、「MOTHER」の1&2をダブル移植とかしてくんないかなあ。続編は諦めたから、単純移植だけでいいから頼む!!!(しかし任天堂は、過去作移植って全っっ然やらないねえ……)。

 ……しかし「ピクミン」のCMと負けず劣らず、気になるCMが「カルキング」のCM。一見、牧歌的な人形劇ふうなのに、毎回オチがすごすぎる……。最新版は、あれはあれでやっぱり「♪たべ〜られ〜る〜」だねえ(関東限定CMだったらスマン)。

2001年10月30日

 うっひょう日記1か月以上経ってるう。
 えーと、一応言い訳を致しますと、前回の日記を書いた後で、

・ネタバレ掲示板の過去ログが膨大になり、サーバー容量がやばいかもと気づく。
 ↓
・過去ログの編集したら終わらねえ終わらねえ。仕事の合間の時間をすべて費やす。
 ↓
・何とか過去ログ完成してほっとして、真面目に仕事する(←おい。つーかこの時ちょい忙しかった)。
 ↓
・気が緩んだ為か、風邪をひきかけ、何か市販薬で強引にごまかす。
 ↓
・しかし抵抗力は確実に弱まっていたらしく、夕食の鍋のカキにアタる(家族は平気だった)。
 一昼夜で体重2キロ以上減るすさまじいことになる。もうとーぶんカキは喰わねえ。
 ↓
・治った体にムチ打って仕事。

 ……という、聞くも涙語るも涙の事態だったのですよ。ええ。しかし討ち死に期間中、掲示板レスやら、相互リンクやら、不義理してすみません。リンクは本当に申し訳ない……。
 とりあえず教訓としては、「風邪を引いたら医者へ行け」。抗生物質はスゴイね!科学は偉大だね!あっという間に治りましたよ。びっくり。←すんな。

 しかし、アップしてから半月以上経ってますけど、過去ログですよ!あそこにも書きましたが、あれはホントに、財産ですね。結局再編集しながら全文読んだ訳ですが、発売直後の自分らの熱さがいとおしい。あの頃は毎晩のように、シナリオのあそこがどうだ、いや違うこうだと激論が続いていて。その過程で、こう……自分自身のクロス観が、世界がどんどん拡がってゆくのが、ホント、ありありとわかるの。あんな経験はそうそうはできまい……ネットの醍醐味を味わった瞬間です。
 その後、荒らしクンや教えてちゃんや、電波が続々とご登場された時期の書き込みが現れ、編集作業中に、時を超えて再び熱い怒りや鬱な気持ちを味わってもしまいましたが。ネットの不条理を味わった瞬間です。全部サクっと消したけどね。

 書き込んで下さった方々、最近はお見かけしなくなった方も多いけど、みなさん元気にしてらっしゃるかしら……。
 やむを得ず書き込みをログから外させて頂いたみなさま、すみません。特に投稿系の書き込み……2時間かけて頂いた某氏の書き込みとか、ホントごめんなさい!管理人のハードディスクには大事にしまってあります……。

 しかしまあ、これで定番のおんなじ質問→過去ログにあんだけど……パターンも、ちょっとは減るかなと期待したり。というかね、何がどこにあるのかは、確実に見つけやすくなったと思うので。しかし質問に「過去ログQ○○番見て」とレスするつもりで、自分が読み始めて止まらなくなりそうではありますが。

2001年09月18日

 『ゼノサーガ』の、コスモスさんに質問!……そのスカート、着けてる意味ってあるんですか〜?
 いやだって、なんかぱかーっと穴空いてるし。なんか腰回りにぶら下がってるだけだし。いっそすぱっと外して、レオタードにしちまえばとか思う私は、男のロマンを理解していませんか。そうですか。

 という訳で、遅ればせながら『ザ・プレイステーション』の、DVDつき特集本を買いました。発売延期が発表された日に買うって辺り、あれですが……しかしムービーを見る限り、そうとう内容膨大っぽいから、焦らずじっくり作って頂きたいと、私は思います。作りかけなのバタバタっとまとめて、やっつけ未完成版でお茶を濁されたくはありません。だいたい、それいっぺんやってるんだから!
 んで、プロモ版見た感想としては、あいかわらずブチかましてて爽快です。趣味だよねえ……。今回、「好きにやっていい」とナムコからお墨付き頂いちゃったせいか(って、実際の現場はどうだかわかりませんが。あくまでインタビュー等の印象としてはね)、思いっきり趣味の赴くまま、突っ走ってる感じでした。いきなり「専門用語解説」がないと、何が何だかわかんなくなっちゃってる辺りとかもう……「ゼノだよなあ」と、にんまり。
 キャラで目を引かれたのはモモと、それからどーせJr.は私の担当でしょうな。あああ……スタッフの思惑にどっぷりハマっておる。性格悪いんですかこの子。悪くなきゃヤですー。しかし12歳は幼いな〜(15歳・高校生年齢以上じゃないと、イマイチ、ハマりがいがない……個人的には)。
 そう!今回なんだか、メインキャラがやったらめったら、お子様大会じゃないですか?「青年」がいない!おやじはどうした!獣人とかはダメなんですか(リコ、かなり好きだったのになあ……)。発表されてないキャラに、も少し年齢的バリエーションがあると嬉しいなあ、とか思います(あくまで外見的な話ね)。

 ただね……『FF10』をやった直後だったせいもあって、グラフィックはいまひとつ、食い足りないかも。ううーん。田中氏のキャラに忠実にやるのなら、ほんとはポリゴンより、セルアニメーションの方が向いてるんじゃないかって気はしたな。『ゼノギアス』の時のアニメパートが、決して良いとは言えない出来だったんで(デザイン間違いだらけだし)、抵抗あったのかも知れないけど。というか、イベント容量から考えたら、ゲーム作ってるんだかアニメ作ってるんだか、って状況になっちゃうね……。
 もろもろ仕方ないのだろうけど、やっぱりあの「お人形」的な顔はつらい……。グノーシスの襲来シーンとか、キャラの表情に全く「怖さ」が出てないのが、たいへん気になりました。
 あと音楽……。ロンドン・フィルって聞いた時から、気にはなってたんだけど、全編こういう「お腹いっぱい」なオーケストラなのかな、とか……あああ、すっごいゼータクなこと言ってるぞ。生録だってのに!すみません。とりあえず監督の、音楽に対する認識も変わったようで、今度は「飛翔」の使い回しはないだろうと思うので期待。←まーだ言う。

 ……ええと、「ゼノ」絡みのネタを書くと、どうも口が悪くなっちまうんですが。これも愛ゆえなんです……。というか「ゼノ」って、ぶつぶつ文句言いつつどっぷりハマるのが、ファンのあるべき姿でしょ!?←偏見。


「架空的日記」へ / 「ラジカル・ドリーマーズの小部屋」トップへ